<< 夜中はミステリアスワールド | main | あけおめことよろ っていうな >>

スポンサーサイト

  • 2006.04.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ちょっとないた。

<インド洋津波>「日本の防波壁が首都を守った」モルディブ
 【マレ(モルディブ)福本容子】「日本の支援がなかったら、マレはなくなっていただろう」――。モルディブの人口の約3分の1が住む首都マレでは、日本からの公的支援で建設された防波壁が、島を津波の大惨事から守ってくれたとの見方が広がっている。海抜1メートル程度しかない約1200の島々から成る同国は地球温暖化の進行で国全体が沈みかねないとの不安を抱え、常に海面上昇への恐怖と隣り合わせで生きてきたが、88年以降、進めてきた首都の護岸工事が壊滅的な被害を回避するのに貢献したと、島民は口々に語った。
 災害対策本部の置かれたマレ市のイスカンダール小学校校庭でボランティア活動を指揮する元オリンピックマラソン選手のフセイン・ハリームさん(35)。彼になぜマレは3分の2が冠水しながらも死者が出なかったのだろうと尋ねた。するとすぐに答えが返ってきた。「10年以上かけて作った防波壁が大いに助けになった。日本の援助のおかげだと聞いている」
 その防波壁を見たくて市南部の海岸まで案内してもらったタクシー運転手のアハメド・シャフィールさん(30)も「日本が作ってくれたあの壁がなかったら今ごろマレはもうない」と語り、「助けてくれた日本人からこんな時に金を受け取るわけにはいかない」と決して料金を言ってくれなかった。
 大統領府によると、日本はモルディブ最大の援助供与国で13年をかけた防波壁工事の費用6600万ドルの主要部分を日本の援助が支えたという。南部の海岸通りには、「日本とモルディブの友好のため日本政府が提供した支援で作られた」と消波ブロックに記した記念碑が海に向かって建っていた。



さっき日本がモルディブに何を援助したのかちょっと調べてみたんだけど
たった7案件しかないんだよな・・・。
たった7案件の援助で日本が最大の援助国なんだよな・・・
世界は一体何をみているんだろうか。

その後で中国への援助をみてみたら217案件ってでてきた。
中国に送るODAの4分の1だけでも今回被害にあったモルディブや他の国々に援助していたら
きっと津波が来ていても大丈夫だったんだよな…
なんで10年もかけて堤防築いてるんだよ・・・
もっと日本から人材や金や技術がわたってたら早くできたはずだろ?

日本いったいなにを見て何をしてるんだよ・・・と心のそこから憤怒と悲しみがわいてきた。

本当に支援すべきなのは中国なのか?モルディブなのか?

ほめられたいとか、感謝されたいからモルディブとかに云々いってるわけじゃない。
中国は本当に貧しいのか?自分のところでなにもできないのか?

そんなことを考えたらちょっと泣けた

スポンサーサイト

  • 2006.04.19 Wednesday
  • -
  • 21:58
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
phentermine
bonding capitols operas.unobservable?parings glacier accumulator,phentermine http://phenterminerx.blog.expedia.fr/
  • phentermine
  • 2006/05/09 8:10 AM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM