<< 沖ノ鳥島、択捉島、南硫黄島、与那国島 | main | 刑法39条 もう一項付け加えるといいとおもう。 >>

スポンサーサイト

  • 2006.04.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


国家的差別

朝鮮日報より。
今年サハリン同胞120人の永住帰国を推進


 大韓赤十字社は今年、日帝時代(日本植民地時代)に強制徴用された
 サハリン同胞約120人の永住帰国を推進する。

 韓赤の関係者は3日、「新しく建設中の京畿(キョンギ)道・
 安山(アンサン)療養院に50人程度を受け入れることができ、永住帰国した
 同胞が死亡して生じた空き家の収容規模も70人程度に達するため、約120人を
 永住帰国させる方針」とし、「今年3月に優先的に約20人を迎える予定」と述べた。

 この関係者は「韓日条約関連の外交文書の公開で、サハリン同胞に対する関心が高まっている。
 今後は空き家が発生すれば永住帰国できるように、あらかじめ外交通商部に永住帰国申請をする考え」とした。

 サハリン同胞の永住帰国が始まった1992年以降に永住帰国した同胞は約1700人で、
 サハリンで永住帰国を待つ同胞は約3000人いる。

ええええ!本土にいる人たちには永住帰国をさせないのですか?
これもある意味差別化だと思うのですが…

スポンサーサイト

  • 2006.04.19 Wednesday
  • -
  • 12:43
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM