<< 美しい人生を 限りない喜びを | main | Works掘 ̄扮鵑ら死 >>

スポンサーサイト

  • 2006.04.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Works掘.丱好拭次Εートン vs 久石

昨日は久石譲のコンサートがあり、
よりによって母とともにサントリーホールに音楽を鑑賞しにいった
俺。前半は重苦しい音楽と北野武、宮崎駿両監督の花に感動。
さてさて後半です。


入場したときからずっとまちかまえていたスクリーンの活躍の開始です。
バスター・キートンという世界3大喜劇王の一人が主演の無声映画
The Generalキートン将軍ことキートンの大列車強盗という喜劇映画をモチーフにして
演奏がおこなわれました。劇中キートンはずっと無表情のままなのですが、
すごく親近感がわくというかなんというか。表現力がないのでちょっと省略


かるくその映画の紹介です。
時と場所は南北戦争がいままさに起ころうとしている時代のアメリカ。
その南軍のある街マリエッタでこの物語が展開される。
そこには汽車General号を恋人と同じように愛する一人の機関士がいた。
彼は仕事がおわると恋人の家へと急いだ。
恋人と語らっていると彼女の家族がやってくる
戦争が激化しはじめていて、市民から兵士を募集しているという。
彼女は彼に兵士になってといい、彼はしぶしぶ入隊したいとの意思を伝えにいく。

名前は?
職業は?
機関士です

機関士という職業をきき、えらそうなおっさんが
「彼は兵士に出来ない。兵士を運ぶ汽車の運転をさせなきゃいかん」
というようなかんじで入隊を拒否される。
しょぼんとしながらかれはもう一度列にならび今度は帽子を深く斜めにかぶり
職業をいつわり拒否してもらおうとがんばってはみるものの、
それはさすがにすぐ見破られてしまう。
今度は入隊許可された他人の許可書を奪い兵士の制服を取得しようとする。
しかしそれも偉そうなおっさんにみつかり、とうとう追い出されてしまう。

しょぼんとしながらおもい足取りで歩いていくところを
彼女の家族にみつかり、彼女は家族から「彼は腰抜けだ。兵士に志願しなかった」
と聞かされ、彼女の家にきたキートンに「兵士の服を着ない限り私は貴方と話したくない!」
と絶交されてしまう。

仕方なく彼は一年後の今日も列車をはしらせる。
その汽車に戦地でケガをしてしまった彼女の父親を見舞いにいくために列車にのっていた。
ある駅の食事休憩で乗客が下りた時、Generalは北軍のスパイによって
列車にのっていた彼女ごと奪われてしまう。

彼は必死にその列車を追いかける。
途中でみつけたトロッコで追いかけるが脱線。
しかたなくはしっていくと今度は自転車をみつけ
それでまた追いかける
だが、それも途中で壊れてしまいはしっているとほかの汽車を発見。
彼はその汽車を奪いしばらくはしるととうとう薪がたりなくなってしまい
彼が一所懸命一心不乱にまきを割っていると彼の背後を南軍の部隊が退却している。
それを追うかのように北軍がまた彼の背後を駆け抜ける。
彼はどんどん敵地へと気づかないうちに汽車を走り進めてしまう。

彼はいったい生きて帰れるのか?

というような内容な訳ですよ。
ところどころで観客はわらっていて
まるで大昔の映画館で映画をみているような感覚におそわれました。

まあそりゃそうなんですけどね。
昔の映画館は無声映画をながし、楽団がその下や隠しブースのようなところで
即興で演奏したりなんだりしていたわけですから。

最初は久石氏が見ているタイミングをはかるための画面をみたりとかしていたのですが、
映画もおもしろかったし思わず久石のコンサートというのを忘れてしまいました。


で映画の紹介でいっぱいいっぱいになってしまったのですが、
Generalはもしかしたらこれからコンサートで見る人がみてしまったらおもしろくないので
さてさて、映画と同時に演奏も終了。
会釈をして一度終了
会場中がスタンディングオーベーションしているその光景だけでも
なんかすでに感動するぞ?おいこら
ってかんじですた。

アンコールで先ほど見終えたばかりのGeneralのMovement1をふたたび演奏
目を閉じると先ほどの映画がよみがえってくるかのよう。
その感動の余韻をたのしみつつ拍手
オケのメンバーとともにまた久石氏はひっこんでいく
拍手は鳴り止まないがすでに開演からすでに2時間半近く
もしかしたら次はないかもしれんな
なんておもっていたら久石氏のみがでてきました。
あぁ〜きっと挨拶だけだろな
とおもったらピアノにスポットライト。
久石氏は幻想的なムードのなかで一人で千と千尋の"あの夏へ"を演奏


とても(*゚∀゚)=3ハアハアなコンサートでしたとさ。

スポンサーサイト

  • 2006.04.19 Wednesday
  • -
  • 21:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
レポ読んだぞ(#゚Д゚)ゴルァ!!
すげーコンサート会場の雰囲気が伝わってきましたよ。
てか、このスクリーンのヤツは私も見たかったー。
レポ読んでる限りには結構良かったっぽいねぇ。
さすが久石さんd(´エ`*)

つーか、最後の演出がにくいわぁ!笑
想像しただけで鳥肌立ちまくり。
来年は絶対いったる!!
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
hotels nashville
oldest clique Huston conferee,beautifiers Italians:travelocity http://www.hotels-books.com/
  • hotels nashville
  • 2006/04/19 8:44 AM
poker superstars invitational tournament registration code
reproof twisting,deviated gauged!sprouting digests poker tips pdf http://poker-tips-pdf.moved.to/
  • poker superstars invitational tournament registration code
  • 2006/05/09 8:33 PM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM